国内便の格安航空券でスカイマークを選んだことで得られた満足感

乗り心地もスカイマークの方が上

総合的に満足感が高かったのはスカイマークスカイマークは支払い手数料が不要乗り心地もスカイマークの方が上

しかし、これに加え、20キロまでの荷物が無料で預け入れ可能でした。
沖縄でお土産品をたくさん買い込んでしまった私にとって、10キロまでの手荷物に加えてさらに20キロまで無料で預かってくれるこのサービスは非常に嬉しいものでした。
さらに、乗り心地の点で言ってもスカイマークのほうに軍配が上がります。
今にして思えば、ピーチの座席はおそらく典型的なLCCサイズだったのでしょう。
当初は「このぐらい狭くても、そういうものなのだろう」ぐらいにしか思っていなかったのですが、帰りの便で別会社を利用してみて、こちらの座席のほうがやや広めに設計されている点には少々驚きました。
そして、東京都内に住む者として、スカイマークが羽田空港に乗り入れている点は、満足感を覚えるもう1つの理由となりました。
せっかく格安航空券を利用することにしたのに、他の多くのLCCが拠点としている成田空港までは交通費が余分に必要となります。
時間も余計にかかります。
このように、2つの格安航空会社を1度の旅行で利用することにより、それぞれの航空会社のサービスの違いやそれに伴う満足度の違いについて理解できました。
格安航空券を利用するにあたって私が最重視したのは価格の安さでしたが、サービスの良さがそれに伴っていれば満足度がかなり増すことを実感しました。